クラシック三冠が最重要レースと呼ばれる理由とは

JRAのクラシック三冠は日本の競馬の中でも特に重要度の高いレースであり、この三つのレースが競馬の基本ともいえるものとなっています。
JRAのクラシック三冠レースは、繁殖馬の選定に行われる競走として設立されたものであるため、
出走資格は三歳の牡馬と牝馬に限り繁殖能力のない騙馬は出走することが出来ません。

JRAのクラシック三冠の第一戦目である皐月賞は、中山競馬場の芝2000mで行われ、中山競馬場が工事などで改修が行われる場合には東京競馬場での代替開催となります。
この競走はもっとも速い馬が勝つと呼ばれているレースであり、クラシック三冠の中でも最も距離が短いだけにスピードが重視される競走となっています。
東西の一流馬が本格的にぶつかり合う初戦となるだけに注目度も高く、また力関係もはっきりしないことから予想の難しい競争となっています。

次に日本ダービーですが、これは競馬において最も重要なレースでもあり、全ての競馬関係者の目標でもあるため非常に格の高い競走と位置づけられています。
そのため、他の二冠に関しては競馬場の改修などがあった場合には他場での代替開催となりますが、日本ダービーに限っては、東京競馬場の芝2400mで開催されることが慣行となっています。
このレースは最も運の強い馬が勝つといわれているように、実力だけでなく運も重要となるレースとなっていて、数々のドラマを繰り広げてきたレースのひとつになってます。

そして三冠最後のレースである菊花賞ですが、京都芝3000mで行われるこのレースは、最も強い馬が勝つといわれるように、
長距離の厳しいレースにも負けない強さを持った馬が勝利を収めることができるレースとなっています。
春のクラッシック戦線には間に合わなかった馬たちが、夏を越えて成長をしてそれまでの強豪とぶつかり合うレースであり、
未知の長距離戦ということもあって、どれだけ強い馬であっても距離の壁に負けてしまうこともあるのが特徴のレースです。
3000mという距離から馬の能力だけでなく、血統からくる距離の適性というのも重視されるレースであり、
並み居る強豪馬を尻目に距離適正が高い馬が勝つことも多いのがこの菊花賞の特徴といえます。
この三つのレースというのは出走のチャンスが一度しかないため、一戦一戦が勝負であり、
それだからこそ後世にまで語り継がれるような、熱いドラマが繰り広げられることになり競馬の原点として機能しているのです。